×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガーターベルトの正しい使い方

ガーターベルトの正しい使い方を知っていますか?ガーターベルトは女性の下着として、使用する人としない人がはっきりと分かれるタイプのアイテムですね。本来のガーターベルトの意味として、ガーターベルトのガーターは靴下を止めるもの。としての意味合いがあります。ただ、アメリカやイギリスでは、ガーターベルトの使い方は洋服が落ちないために使用するもの全てをガーター・ガーターベルトとして使います。日本ではガーターベルトというと、ストッキングや靴下を留めるためのファッションアイテムとしての意味合いが強いですよね。通常のストッキングは、お腹までしっかりと包むタイプのストッキングが主流のため、特にガーターベルトを使用せずに済みますので、太ももまでのストッキングをはく方のみ使用することになります。

ガーターベルトのつけ方

ガーターベルトのつけ方は、ショーツやストッキングをはいてからガーターベルトをつけると思っている方もいるようですが、本来のガーターベルトのつけ方は、ストッキングとガーターベルトを装着して、その後にショーツをはくのが本来のガーターベルトのつけ方です。購入する際はショーツの上にガーターベルトをつけている方が多いです。ガーターベルトの通販で見ても、ガーターベルトの画像は大体がショーツの上にガーターベルトをつけている事がほとんどですが、これはガーターベルトのデザインを見せるためにわざとショーツの上にガーターベルトをつけているだけです。実際につけるときにガーターベルトのつけ方を間違えると、トイレに行ったときにいちいちガーターベルトを取り外さないといけなくなりますのでご注意ください。

ガーターベルトのつけ方と使い方

ガーターベルトのつけ方と使い方を説明してきました。どうでしょうか?いままでガーターベルトのつけ方を間違えてた・・・なんて方も多いのではないでしょうか。ガーターベルトをつけていることを恥ずかしいと思う女性も多いようですが、まったくそんなことはありません。ハリウッドなどの映画を見てもわかると思いますが、出てくるハリウッド女優は、パーティードレスなどの下にガーターベルトを着けていて、なぜか戦うシーンだったりベッドシーンなどではガーターベルトが見えて、とても脚が綺麗に見えたりしていませんか?本来のガーターベルトの使い方は、先に述べたように衣服がずり落ちないようにするためのものであり、ガーターベルトは普通のベルトやサスペンダーなどと同じですので、本来のガーターベルトの使い方としては女性の正装としての役割が多く、パーティーや結婚式のドレスでワンピースの時などにガーターベルトを使います。ガーターベルトは、トイレへ行くときもお腹まであるストッキングのように脱ぐ必要もないため、とても便利な使い方が出来るファッションアイテムです。

Copyright © 2008 ガーターベルトの使い方とつけ方をチェック